HOME一般のお客様向け情報>お料理レシピ

炎でつくる 簡単!スィーツ

和×アジアンぜんざい

本レシピの特徴
寒い季節に温かいぜんざいをココナッツミルクベースで作ります。お正月に余った切り餅、ゆずの皮も利用できます。砂糖は使用するゆであずきの甘さによって調節してくだい。シナモンを入れて甘さを引き締め、柑橘系の皮の香りを楽しめます。
(2〜3人分)
ゆであずき…270g(お好みで増減可)
水…250ml
ココナッツミルクパウダー…60g
(またはココナッツミルク…300ml程度)
シナモンパウダー…小さじ1/3〜1/2
砂糖…大さじ1(適量)
切り餅…2個
ゆずの皮…適宜
(または柑橘系の皮 写真はきんかんの皮を使用)

【作り方】

  1. 餅は食べやすい大きさに切り、ゆずの皮はせん切りにしておく。
  2. 小鍋に水を入れて火にかけ、ココナッツミルクパウダーを入れて泡だて器でよく混ぜ、シナモンパウダーを入れて更によく混ぜる。
  3. ゆであずきを入れ、混ぜて味見をして砂糖で調整する。
  4. 切った餅を入れてやわらかくなるまで弱火で加熱する。
  5. 器に盛ってスライスしたゆずの皮を乗せる。

 

最新のガスコンロはすべてのバーナーに「あげルック(調理油過熱防止装置)」などの安全センサーを搭載しました(業務用と1口コンロは除く)。名づけて「Siセンサーコンロ」――タイマーや温度調整機能もあり、コンロにお任せで簡単お菓子づくり!
中尾 真紀子
プロフィール 
中尾 真紀子
カレー伝導師、カレープロデューサー、カレー大學講師(以上カレー大學認定) 調理師、野菜ソムリエ、食生活アドバイザー
はまふぅどコンシェルジュ(横浜市認定 横浜地産地消推進員)

横浜市在住。大手企業でのプログラミング講師を経て、結婚を機に「食の世界」に入る。 食のバランスを大切にしており、特に子供向けの食育指導に実績がある。
都内の私立小中学校クッキング部講師、都内デパートでカレー講座なども担当している。 野菜不足になりがちな方や忙しい母親を助けるために、子どもも食べられる「1日に必要な野菜の半量が入ったレトルトカレー」を開発(横浜野菜使用)。開発・販売元マサラモア代表。