競合エネルギー情報

5月
2018年5月1日更新分

環境省、神戸製鋼所の石炭火力発電所建設計画を認めず

−環境大臣から経済産業大臣へ意見書を提出−

 環境省は、このほど、神戸製鋼所が神戸市内に計画している石炭火力発電所建設について、計画の見直しを求める方針を決め、環境影響評価法に基づき環境大臣から経済産業大臣へ意見書を提出しました。
 意見書では、神戸製鋼所が地球温暖化の原因となるCO2の排出削減に取り組まなければ建設は容認されるべきではないとしており、事業の再検討を求めています。
 また、同社の製品データの改ざんの問題を受け、同社の測定データの信頼性が揺らいでいるとして信頼性の確保や正確な情報公開への取組みも求めるとしており、経済産業省の出方が注目されます。
(出所:環境省)