HOME販売事業者様向け情報業界情報>2012年2月1日更新分
業界情報

2月
2012年2月1日更新分

経済産業省、「LPガス中核充填所の支援選定基準」を公表

−まず平成23年度第3次補正予算で東北地域に43ヶ所補助−

 経済産業省は、このほど、震災時に様々な役割を担う「LPガス中核充填所の支援選定基準」を公表しました。
 これによると、中核充填所の支援選定基準は、(1)年間輸入量50万トン以上の輸入業者や年間販売量5万トン以上の事業者が所有するものであること、(2)タンク容量は原則30トン以上、プラットホームは200m2以上の施設であること、(3)所在地が国道など幹線道路の近くであること、(4)2つ以上の県に営業拠点があり、災害時に復旧・応援体制が整えられること、など全ての要件を満たしているケースとしています。
また、同省が必要と認める地域で運営している充填所や(1)の要件を満たす事業者と連携(資本関係や供給・配送契約)している事業者が所有するものも可能としています。
 この中核充填所は、原則各県10ヶ所程度を想定しており、まず平成23年度第3次補正予算で東北6県に計43ヶ所選定し、実施する模様です。
 この事業は、当該充填所が自家発電設備(LPG)、LPガス配送車・巡回用車両(2台程度)、LPガス簡易ディスペンサー、緊急連絡用の衛星電話等を導入する際、費用の2/3を補助するもので、平成23年度第3次補正予算のほか、平成24年度予算にも計上しています。
販売事業者様向け情報
レポート/ニュース
JGE会 会員ページ